あなたがいま悩んでいる時間は人生の損失!なんでもかんでもスピード命論をここに提唱してみる。

自分に自信をを持つために

はいどうもこんにちはくりまろです!

今回は、最近僕が生活している中で
めちゃくちゃ共感したことを、
シェアしていきたいと思います。

日本人は何でもかんでも「遅すぎ」と言われている。

で、早速本題ですがそれは何かと言うと

「可能な限り自分のスピードを早めろ!」

ということ。

…と言っても
多分意味がわからないと思うので、
詳しく説明していきますね。

まず前提として、
日本人は外国の人と比べて「遅い」です。

何が遅いのかと言うと、全部。

総合的に見ても遅い。

つまり完璧主義になって、
行動するのを恐れる傾向にあるってことです。

あれをやるにしても、
これをやるにしても、
全てがとろい。遅い。
挙句の果てに諦めてしまう。

これは僕も含めてそうです。

でも、この感情の根底にあるのは、

「自分のプライド」

だと僕は思ってます。

この課題完璧にしてからやらないとダメだ…
この仕事終わらせからじゃないとだめだ…
これやったら嫌われるかな…

こんなふうに、
何でもかんでも自分に格好をつけてしまう。

でも、これはマジでよくない。

基本的に恋愛でも何でも、スピードが命です。

事例をあげると、

僕は一時期、自分の見た目がすごい
コンプレックスで、女性と会うのが
とても怖かった時期がありました。

キモがられないかな…
引かれないかな…

そんなことばかり思って、実際に行動する
ことを全然やっていなかったのです。

で、どんどん負の感情が溜まっていってしまう始末…

でもある時スピードが命だということを知って、
それからどんどん女性に勇気を出して、
女性と会っていきました。

1週間、毎日7人新しい女性と
会っていたこともあります。

そしたら圧倒的なスピードでどんどんと
女性と接していくのも慣れてきました。

だからこそ今、
こうして圧倒的な結果を出すこと
ができたのだと自負しています。

そしてこれは、
別にこれは恋愛じゃなくてもそうです。

仕事だって、100%まず完璧にこなそうとしないで、
6割でいいから提出してみればいい。

課題でも何でもそうです。

行ってみたい場所があるなら、
「いつか行くわ〜」
とか後回しにするんじゃなくて、
今度日帰りでとりあえず行ってみようかなぁ〜

みたいな感じで行ってみればいい。
何でもかんでもまずはやってみればいい。

僕はこう思っています。

頭の中で悩む時間が減る。

で、何でもかんでも早くこなすことによって、
自分の頭の中で悩む時間が圧倒的に減ります。

これも大きなメリットですよね。

とりあえず行動するしかないから、
悩んでる暇なんてないんです。

基本的に過去の自分に1つ説教するとしたら、

「悩んでる暇があったらまずは行動しろ!」

と僕はいいます。笑

なぜなら、悩んでいる時間は後で思い返すと
無駄な場合が多いし、

何より行動していたら悩んでいる
暇がなくなるからです。

そしたら悩んでる時間を楽しくできて、
それが失敗であれ成功であれ、
何かしら結果は出るし、

結果が出た後だから、その悩みは
将来の漠然な不安ではなくなってるはずです。

もしかしたら、
自分が思っている以上の圧倒的な成果
を残してしまうかもしれませんよね。

だからこそ僕は、
何でもかんでもまずはスピードを
意識して6割できればOK〜的な感じで
ゆるーくやってみることが大事だと思っています。

dodododdodododo!
です。笑

スピードが早いと信用が貯まる

そして、それ以外にも
自分のスピードを早めると
大きなメリットがあります。

それは
「自分の信用を高められる」
ということです。

これはホリエモンさんも
言っていることなのですが、

「自分の信用、信頼」

これはお金と同様に自分の資産になります。
無形資産ってやつです。

信用とか信頼がたまれば、
その分困っているときに助けてくれる人も増えるし、
人からの評価も高くなりますよね。

ここでも事例をあげてみます。
僕は以前まだ全然非モテだった時、

自分がいいなあ
と思った恋愛情報発信者の方に
粘着して、ストーカーみたいな
ことをしてました。笑(いい意味で)

具体的に言うと、
その人がコンテンツを出した瞬間に
コメントとか感想を送っていました。
(勝手に笑)

そしたら絶対覚えてくれるじゃないですか。笑
だからそういうゲスい狙いも含めて、
スピード第1優先でやっていました。

そしたら、ある日いきなり連絡が来て、
僕の行き詰まっている陰キャラ脱出計画(恋活)
に対して、親身になって相談に乗ってくれたんです。

そのアドバイスは、
今の僕の血肉となっています。

それ以来僕は何でもかんでも
人より早くこなすようになりました。

考えている暇があったら、
まずはやってみるっていうマインドです。

多分あなたはモテるようになりたくて、
このブログを読んでいると思いますが、

とりあえずまずはスピード感を持って
行動することを意識してほしいんです。

具体的に言うと、まずは見た目を磨いてみる。

これも最初から100%じゃなくていいから、
まずは6割を目指す。

そしたら早速女性に会おうとしてみる。

もちろんそのための行動指針が自己流だと
昔の僕みたいに失敗する可能性が超 上がりますが、

まずは正しいを情報集めて、
そしたら早速行動する。

この2つの行動スピードを早めることによって、
数倍も早く成功できると僕は思っているし、
実際にこれからもそうしていきたいと思っています。

ちなみに今これを書いているのも、
お風呂に入っていたら書こうと思いついたので、
その後すぐに出てバババ!と書いています。笑

ぜひあなたも普段の日常でも、
実践してみてくださいね。

では!

3万文字を超える書籍を、今だけ無料キャンペーン実施中

僕は今までに3桁の女性とセッ〇スしてきたし、
周りから羨ましがられるような、
某有名雑誌のモデル経験のもある女性と付き合ったこともあります。

ですが僕は決してイケメンではないし、
才能があったわけでも、
時と場合に恵まれたわけでもないです。

もともと非モテで、小学校の頃はいじめられており、
それからも陰キャラ童貞として過ごしてきました。

そんな僕でも、恋愛としっかり向き合い
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、
非モテ人生が逆転しました。

その過程で、
今までになかった自信も手に入れることができ、
堂々と胸を張れるようになれたんです。

その経験から、
自分の過去とかは変えられないけど、
正しい方法を軸に行動して成長していけば、
誰でも女性に困ることはなくなると確信しています。

そしてそういう人が1人でも増えればいいなあ
と、常に思っています。

そういった理念から、
僕がどのように恋愛に取り組み、
ゼロから今の状態になれたのか、
その成功体験を1つの書籍にまとめました。

電子書籍は30000文字を超えるボリュームで、
僕のこれまで4年間の末にたどり着いた恋愛理論を詰め込みました。
今悩んでいる方が次に何をすべきか
手に取るように分かるようにしました。
ありがたいことに、続々と大好評の声を頂いております。

無料メルマガの中限定で、その書籍をお渡ししています。
今なら期間限定で1200円→0円キャンペーン実施中
なので、もし興味があれば読んでみてください。
(15分程度でサクッと読めます。)

メールアドレスを入力して書籍を受けとる
メールアドレス 必須

※メールの最後にメールの解除リンクを貼っていますので すぐに解除することが出来ます。
※ご記入いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。
※iCloudのメールは到達しにくい場合があります。他のアドレスをご使用ください。

▼無料メルマガの内容説明▼

<学べる内容>

✓今から最速最短で、童貞を卒業する方法(女性とホテルにいく方法)とは?

✓ブログよりさらに詳しく具体的に女子ウケする見た目の作り方を述べているので、短期間で周囲の反応も変わります。

✓アプリで出会いを量産して、コンビニ感覚で女性と出会う方法とは?

✓美女とセッ○スしたいなら、あなたが必ず頭に入れておくべき話題とは?

etc…  ※超ごく一部です。

メールアドレスを入力して書籍を受けとる
メールアドレス 必須

※メールの最後にメールの解除リンクを貼っていますので すぐに解除することが出来ます。
※ご記入いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。
※iCloudのメールは到達しにくい場合があります。他のアドレスをご使用ください。

よくあるQ&A

Q、迷惑メールみたいに1日何通も届きますか?
A、巷のメルマガみたいに迷惑メールを
バンバン送り付けるようなことはしません。
価値のある質の高いコンテンツを
1日1通~2通程度しか送らないのでご安心ください!

Q、メルマガは本当に無料ですか?
A、登録したらお金を請求みたいな
詐欺まがいなことは一切しません。無料です。

Q、アラサーでも大丈夫ですか?
A、アラサー童貞だった方も、このメルマガをきっかけに
結果を出してくれた方は何人もいるので
やる気さえあれば全く問題ありません。

それと、もしこの記事が
「役に立った!」「面白かった!」
と思われたら、下記のSNSでシェアしてくれると、
くりまろに通知がいくので、

それ見たらすごい喜びます!
(すぐ下のボタンからシェアできます)

よろしくお願いします。

では最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました