【メルマガ読者のお悩み】マッチングアプリで女性と1人も出会えないから、すぐにやめました。

マッチングアプリ攻略

こんにちは、くりまろです。

いきなりですが
僕がペアーズ(マッチングアプリ)
をガチっていた頃は、
いいねが400以上(女性400人ということ)
(マックス500)ついていて、

選べるくらい毎日たくさんの
女性とマッチングしていました。

それを踏まえて書いていきますね。


最近メルマガ読者さんから、

「マッチングアプリで女性と1人も出会えないから、
1週間でアンストしてしまいました。。
正直出会える自信がありません。」

といった趣旨の悩み相談を頂きました。

で、まず結論から言うと、

誰でも最初はこの壁にぶち当たります。
が、絶対に突破することは可能です。

これ絶対です。
その理由を、以下で書いていきますね。

マッチングアプリ初心者のとき、誰ともマッチングしないから1週間でアンストした。

僕自身、非モテ時代には

「マッチングアプリで女の子と出会いまくってる」

という典型的なお持ち帰りブログに憧れて、

とりあえずマッチングアプリ
(ペアーズ)を入れてみました。

で、1ヶ月課金して

「よっしゃぁ!これで俺も女と出会いまくりだぜ!!」

みたいな感じで、女の子の顔がたくさん映っている画面を、ワクワクしながら眺めていたんです。

で、可愛い子がいたら片っ端から自分で
「いいね」しまくるというね。

「これならリアルでいけない俺でもアプローチしまくれるぜぇ!うおおおお!」

みたいな感じでした。

でも、全てのいいねを使い切って1日経っても…
2日経っても…3日経っても帰ってこない。

無料でランダムな人に推せる「いいね」
を全力で毎日使っても、それでもこない。

そして最終的に、

「1人くらい来てくれてもええやろ…」

と逆に心が折られ、1週間ほどで
アンストしてしまったんですよね。

結局は顔なのかよ…くそ…
と、嫉妬ばかりしていました。。

だからこそ、この質問をくれた人の気持ちは
めちゃくちゃわかるし、

共感します。

でも今考えると、僕が本来そのときに
しなければいけなかったのは、

「原因を考える」

ということ。

だって、物事には必ずなにか原因があるし、
ただウンウンなやんでいるだけ
じゃ何も変わらないから。

だからマッチングアプリで
マッチングしない…出会えない…

って悩んでいる原因といったら、
落ち着いて考えればすぐに
分かったはずなんです。

それは、

・プロフ文章
・写真

この2つのうちどれかが悪いから。

わかる人には当たり前だと思いますが、
複雑に考えている人が多すぎな気がする。

僕の顔がだめなのかな?
とか不安になる人もいます。

でもシンプルに、たったこれだけ。

…ってことは逆に
この2つさえコツコツ作りこんでいけば、
女性とマッチングします。

実際に僕のとあるコンサル生は、
1枚の写真を増やしただけで
マッチング率が爆上がりしました。

こう言うと、思ったより簡単
なことだと思いませんか?

少しプロフを変えただけで、女性とマッチングし始めた。

しばらく経ってもう一度インストして、
プロフと写真を整えて、挑戦してみました。

そしたら、前とは比べ物にならないほど
マッチングするわするわ。

(そこから連続10人の女性とデートに行って全員にブロックされるのは別のお話🙄)

「お前どうやったんだよ…」
と思われるかもですが、

思えば、気づかなかっただけで
前が酷すぎたんですよね。

「マッチングアプリ プロフィール」

でググって、でてきたテンプレに沿って
ちょっといじったやつを
使っている。

写真も、載せる写真がないから
「これ女子ウケええやろ!」とか
思ってチンアナゴの写真とか
使ってましたからね。笑

人間を思い出して! すみだ水族館「チンアナゴ顔見せ祭り」開催 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

まあ何が言いたいのかというと、
マッチングしない人は
気づいてないだけでそういう部分が
少なからずあります。

だから、
それを客観的に探してください。

写真を1枚載せるか載せないか、
の違いだけでもマッチング率は
めっちゃ変わります。(マジで)

それを試行錯誤してほしいんですよね。

自分で試行錯誤しても上手くいかなったから、素直に上の人から学んだ。

…ただ、僕の場合
自分じゃどうしてもいいプロフィールが
作れませんでした。

だって、いろいろな情報に惑わされて、
何が正しくて何が間違っているのか
全く分からなかったから。

マッチングしないのはアプリのせいだ!
俺の顔が悪いからだ…

なんてことは考えないようにしてたけど、
結局はどうするん。。。?って感じだったんです。

でも、やっぱ最初は誰にも頼りたくなかった。

こんな悩み恥ずかしいし、
元々プライドは無駄に高いし、
全然素直じゃなくて、
人間関係でも損ばかりしてきた僕です。

だから、本当に仕方なく、
どうしようもなくなって、
やっと上にいる人に頼りました。

そしたらまーあ自分で悩んでいたことが
馬鹿みたいにポンポン解決されていって、

なんじゃこれ!って感じだったんです。

もちろん対価として、
それなりのお金は投資しましたが、

どこが悪いのか、
どこを改善すればいいのか、

全部教えてもらって、
それで上手くいったんです。

だからこそ、マッチングアプリで
マッチングしないと悩んでいる人は、

・写真
・プロフ

を見直してみてください。

で、自分でどうすればいいのか分からないなら、
ぜひ僕を頼ってきてください。

どこを直せばいいとか1発で分かるので。

プロフィールの作り方とかは
メルマガ講座で教えているので、
ぜひ興味のある方は下から登録してみてくださいね。

無料です。

では!

3万文字を超える書籍を、今だけ無料キャンペーン実施中

僕は今までに3桁の女性とセッ〇スしてきたし、
周りから羨ましがられるような、
某有名雑誌のモデル経験のもある女性と付き合ったこともあります。

ですが僕は決してイケメンではないし、
才能があったわけでも、
時と場合に恵まれたわけでもないです。

もともと非モテで、小学校の頃はいじめられており、
それからも陰キャラ童貞として過ごしてきました。

そんな僕でも、恋愛としっかり向き合い
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、
非モテ人生が逆転しました。

その過程で、
今までになかった自信も手に入れることができ、
堂々と胸を張れるようになれたんです。

その経験から、
自分の過去とかは変えられないけど、
正しい方法を軸に行動して成長していけば、
誰でも女性に困ることはなくなると確信しています。

そしてそういう人が1人でも増えればいいなあ
と、常に思っています。

そういった理念から、
僕がどのように恋愛に取り組み、
ゼロから今の状態になれたのか、
その成功体験を1つの書籍にまとめました。

電子書籍は30000文字を超えるボリュームで、
僕のこれまで4年間の末にたどり着いた恋愛理論を詰め込みました。
今悩んでいる方が次に何をすべきか
手に取るように分かるようにしました。
ありがたいことに、続々と大好評の声を頂いております。

無料メルマガの中限定で、その書籍をお渡ししています。
今なら期間限定で1200円→0円キャンペーン実施中
なので、もし興味があれば読んでみてください。
(15分程度でサクッと読めます。)

メールアドレスを入力して書籍を受けとる
メールアドレス 必須

※メールの最後にメールの解除リンクを貼っていますので すぐに解除することが出来ます。
※ご記入いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。
※iCloudのメールは到達しにくい場合があります。他のアドレスをご使用ください。

▼無料メルマガの内容説明▼

<学べる内容>

✓今から最速最短で、童貞を卒業する方法(女性とホテルにいく方法)とは?

✓ブログよりさらに詳しく具体的に女子ウケする見た目の作り方を述べているので、短期間で周囲の反応も変わります。

✓アプリで出会いを量産して、コンビニ感覚で女性と出会う方法とは?

✓美女とセッ○スしたいなら、あなたが必ず頭に入れておくべき話題とは?

etc…  ※超ごく一部です。

メールアドレスを入力して書籍を受けとる
メールアドレス 必須

※メールの最後にメールの解除リンクを貼っていますので すぐに解除することが出来ます。
※ご記入いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。
※iCloudのメールは到達しにくい場合があります。他のアドレスをご使用ください。

よくあるQ&A

Q、迷惑メールみたいに1日何通も届きますか?
A、巷のメルマガみたいに迷惑メールを
バンバン送り付けるようなことはしません。
価値のある質の高いコンテンツを
1日1通~2通程度しか送らないのでご安心ください!

Q、メルマガは本当に無料ですか?
A、登録したらお金を請求みたいな
詐欺まがいなことは一切しません。無料です。

Q、アラサーでも大丈夫ですか?
A、アラサー童貞だった方も、このメルマガをきっかけに
結果を出してくれた方は何人もいるので
やる気さえあれば全く問題ありません。

それと、もしこの記事が
「役に立った!」「面白かった!」
と思われたら、下記のSNSでシェアしてくれると、
くりまろに通知がいくので、

それ見たらすごい喜びます!
(すぐ下のボタンからシェアできます)

よろしくお願いします。

では最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました